メダカの飼育.com~これが本当のメダカの飼い方だ!~

メダカの飼育.comでは、私のメダカの飼育日記・私の飼育方法を書いています。毎日、メダカの飼育に悪戦苦闘した結果、私なりの飼い方を書いているブログです。熱帯魚の飼育を10年以上していましたが、メダカの飼育って難しいですよね。ネットで色々な情報を調べて、色々な飼育方法をしてきましたが、私の場合には上手くいきませんでした。そこで、私が自分なりに行っているメダカの飼育方法と、私のメダカ飼育日記を書いていきたいと思います。なお、このブログの意見は、私個人の意見ですのでご了解下さい。

 

 

メダカに水草を入れるなら次の3つがオススメ

 

 

 

メダカに入れる水草3選

f:id:kanenori1970:20180922230741j:plain

 

私個人的には、水草は入れない派だが、メダカの飼育で入れるオススメの水草を紹介します。

 

  • ホテイアオイ

 

 

メダカと一緒に入れるのに最適な水生植物です。

ホテイアオイは水草ですが、土に植え込みのではなく、水面に浮かべる植物になります。

産卵期に入れるのが、特にオススメです。

メダカが、このホテイアオイの根元に産卵をします。

そして。このホテイアオイには水の浄化作用があります。

水中の根っこから、窒素分などを吸収すると言われています。

そして、夏場には影も作ってくれる便利な植物になります。

しかし、デメリットもあります。

1つ目は、寒さに弱い事。屋外では、越冬は難しいです。

2つ目は、繁殖力がとても強い。夏場では、滅茶苦茶増えます。間引きが必要です。

ですが、ホテイアオイにはデメリット以上にメリットが多い植物ですので、めだかと一緒に入れている方も、非常に多いです。

 

  • マツモ

 

とても強い植物です。マツモは、底砂に植え込む必要は無く、水に浮かべていれば良い植物です。適応水温の幅が広く、屋外飼育でも億倍飼育でも入れれる植物になります。

水に浮かべるだけで、ドンドン育って行きます。

時々、間引きが必要です。

マツモも成長が早いって事は、水中の余分な養分をドンドンと吸収してくれます。

水質の浄化作用に期待ができます。

 

  • アナカリス

 

 

アナカリスも、非常に丈夫な水草になります。

水に浮かべていけば、ドンドンと成長していきます。

冬場は、屋外なら枯れる可能性があるので、冬の屋外には使わないようにした方がぶなんです。

 

上記の3つが、メダカに水草を入れるならオススメの水草になります。

 

水草を入れるなら、この3つの中から選びましょう。