メダカの飼育.com~これが本当のメダカの飼い方だ!~

メダカの飼育.comでは、私のメダカの飼育日記・私の飼育方法を書いています。毎日、メダカの飼育に悪戦苦闘した結果、私なりの飼い方を書いているブログです。熱帯魚の飼育を10年以上していましたが、メダカの飼育って難しいですよね。ネットで色々な情報を調べて、色々な飼育方法をしてきましたが、私の場合には上手くいきませんでした。そこで、私が自分なりに行っているメダカの飼育方法と、私のメダカ飼育日記を書いていきたいと思います。なお、このブログの意見は、私個人の意見ですのでご了解下さい。

 

 

メダカの飼育は屋外でする事をオススメする理由

 

 

 

メダカの飼育は屋外で飼育する方が絶対にいい!

f:id:kanenori1970:20180924214313j:plain

 

メダカを飼うのは、屋外がいいのか室内がいいのか?

 

個人的には、どちらでも飼ってもいいと思う。

 

屋内には屋内のメリットがある、屋外には屋外のメリットがある。

 

室内しか飼えない人、屋外でしか飼えない人と様々だ。

 

だが、屋内か屋外かどっちでも飼育できる人で、悩んでいる方がいれば、絶対に屋外飼育をオススメする。

 

理由は?

 

結論から言うと、非常に元気に育ちやすい。

 

そして、☆になりにくい。

 

メダカは、温度の適応幅が広くて、水温が33度ほどでも生き抜くことができる。

 

下の水温も、上に氷が薄く張るくらいなら生き延びていくのです。

 

ですから、屋外で飼育をしても全く問題がない。

 

それに、屋外の飼育だと、水槽以外に発泡スチロールの入れ物、プラ舟(トロ舟)、睡蓮鉢等、色々な容器を使うことができる。

 

そして、何より大切なのはメダカが太陽の光をいっぱい浴びる事ができることである。

 

メダカの飼育には、自然の太陽光に浴びる事が一番大切なのである。

 

屋内の飼育では、基本的には水槽しか使うことが出来ない。

 

何故か?室内飼育では、メダカは横から見て楽しむ、横見になるからだ。

 

それに、室内飼育だと、ろ過装置とライトが必要になる。

 

窓際の日の当たる所に置いたとしても、ライトは必要になってきます。

 

メダカに日の当たる時間は絶対に必要だからです。

 

きちんと日に当たる時間をライトで再現しなければ、産卵に持っていく事が難しいからだ。

 

だから、私は屋外での飼育をオススメします。

 

それに、屋外飼育のほうが死ににくくなりますよ。

 

私がそうでしたからね。

 

屋外飼育の方が、元気にメダカが育ちますよ。私の経験からです。